tokageの勉強法

英語の勉強法 No.1

こんにちは!とかげです

英語の勉強法ということで皆さんに信用してらうために少し自慢をさせていただきます(笑)

  • 共通テスト(リーディング)80点
  • 共通テスト(リスニング)81点
  • 二次試験の英語の試験が簡単すぎた
  • アメリカに2週間、そこでスピーチの代表者8名に選ばれる(120人中)

以上です(笑)

共通テスト8割は自分的にかなり自信がついた出来事です

アメリカでのエピソードはtokageの武勇伝で紹介する予定ですが

もしかしたら、このシリーズの方に書くかもしれません

それでは本編行きましょう!!!

英語はまずこれ!!!

まず受験英語を制するにはとても重要なことがあります

それは単語です

最初は単語さえ覚えればかなり長文も読めるようになります

また単語はできるだけ早く勉強を始めましょう!!!

選択肢が多いと悩んでしまうので二つだけ英単語帳を紹介します

1,鉄壁

皆さん鉄壁はご存じでしょうか?

東大を目指す人が使う単語帳です

東大なんか目指してねぇよ!!!

はい、言わんとしていることは分かります

しかし東大レベルの単語を知っていればもっと簡単にほかの試験の問題も解けるようになります

難しいことをやっていれば、ほかのものが簡単に感じられるということです

中には難しい単語もありますが、基本的にただ単語数が多いだけです

また豆知識単元ごとのテストもあるのでおすすめです

高校2年生まではこの単語帳はおすすめできます、高校2年生の夏休み前までです

高校3年生には時間的にこの単語帳はおすすめできません、なぜならページ数が600を超えるからです

2,システム英単語

鉄壁のボリューム感がなくなり、かなり取り組みやすいです

とてもシンプルで見やすいです

一つの単語に対して一つの例文がついています

動詞、形容詞、名詞などにジャンル分けされています

二つの単語帳の使いわけ

システム英単語と鉄壁はどっちもやる必要はありません

自分はどっちもやったことあるのですが、被っとるやん!!!

と思いこれはどっちかでいいなと思いました

問題はどちらの単語帳を選ぶかです

二つの違いは難しい単語が入っているかどうかです

結局どっちでもいいのです、二つの単語帳のうち被っている単語が多いです

また長文問題などをやっていると分からない単語が出てきます

その都度分からない単語を調べればいいので

どっちでも自分の直観で選んでください!!!

ええ!!なげやりじゃん!!!と思うかもしれませんが

単語帳はさほど何を選んでも変わらないと思っています(笑)

だからとかげを信じて直観で選んでください!!!(笑)

授業の受け方

授業は普通に受けて下さい(笑)

内職なんてしなくても大学なんて受かります(笑)

内職というのは、例えば英語の授業中に数学の問題集をやること

つまり授業中に他の教科の勉強をすることを言います

内職、自分はしてたのですが精神的にキツイです

先生に対しての申し訳なさとばれたらどうしようと考えて全然内職に集中できませんでした

内職してきた身から言うと

内職するより授業に集中した方が何倍も効率がいいです!

授業中に全部理解して、覚えて帰ろうという意識でやるのがいいです

復習は授業でやった内容を見返すだけでいいです

例えば、英文を音読する(一回だけでもいい)

分からなかった単語を調べる

自分の体感なんですけどほとんどの人は授業の復習をしません

エビングハウスの忘却曲線って有名ですのね?

こんな感じです、細かいことは気にしなくていいです

一回だけでも復習すればいいのです!!!

一週間後にもう一度、一か月後にもう一度???

そんなん覚えてられんわ!!!!!

一回でも復習すればいいのです、複数回する必要はないと思います

なぜなら英語は授業のたびに似たような内容をやるので自然に覚えてくるからです

だからこの二点だけ覚えて下さい

  • 授業に集中
  • 復習を1回だけする

まとめ

以上、英語の勉強法の第一回でした

おすすめの単語帳と授業の受け方をお伝えしました

本当にシンプルで当たり前のことですがこれさえできれば大丈夫です!!!

でも簡単なことを続けることができない人が多いです

継続は難しいからです

次回は継続におすすめのアプリを紹介します

勉強はやっただけ伸びます!!!

それでは!!!

<script data-ad-client=”ca-pub-7326423868395209″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>