お金を守る

節約の重要性

当たり前のことですが、節約することは

お金持ちになること

今より生活を楽にするために

とても重要なことです

また稼ぐより節約することの方が圧倒的に簡単なのです

このことは仕事、アルバイト以外でお金を稼ごうとした人なら分かると思います

ブログで百円稼ぐより百円のジュースを我慢する方が簡単なのです

このことについてより詳しく解説していきます!

収入を増やすのは時間がかかる

まずは収入を増やすのに時間がかかることです

もしもあなたが会社員として、アルバイトとして働いているのなら分かると思います

会社員の方なら主に年功序列といって、年齢が高いほど年収が高いのです

つまり年を取らない限り年収は増えないのです(転職をすれば別ですが)

自分の感覚としては年をとってお金を手に入れるより

若いうちにお金を手に入れて、若いうちに旅行やサーフィンなど新しいことをしたいなぁと思います

そしてアルバイトだとしても、昇給がないところもありますし

あったとしても選ばれるのが難しかったり、時間がかかったりします(昇給を目指すのはいいことですが)

ここで言いたいのは見出しと同じですが収入を増やすには時間がかかるということです!

支出を減らすなんてすぐできる!

具体的な例なのですけど、身近なもの多くの人が思いつくであろうことは

  • 今日のビールを我慢する
  • アイスを買わない
  • 電気をこまめに消す

こんなところだと思います

しかしもっと効果的な方法があるのです!!!

一回変えてしまえば月に千円も得するものもあります

それは固定費を見直すことです!!!

固定費とは……

  1. 通信費
  2. 光熱費
  3. 保険

です!!!それでは一つずつ見ていきましょう!!!

1.通信費

皆さん月々どれくらいスマホの通信費に費やしていますか?

自分の母親の実例だと前まではdocomoで月々6000円も払っていました

それが今、Ymobile!に乗り換えて月々3168円です!

しかも下の図の通り、家族割がきいて

母親と自分合わせて、月々3168円なのです!!!

つまり2832円分お得ですね!!!

しかも二人分込みなので実際はもっと得しています

皆さんも携帯会社を見直してみてはいかかですか?

光熱費

電気といえば東京電力!!!

しかしこれは昔のことです!!!

2016年4月から電力会社を選べるようになりました!

乗り換え方法は簡単で小一時間でできます

  • 契約中の会社に解約届は不要
  • 乗り換え先の会社にネットで申し込むだけ
  • 申し込みから3週間で乗り換え完了!

具体的なスッテプは

  1. 毎月の電気使用量と金額を確認
  2. 料金をシミュレーション
  3. 新しい会社に申し込みをする

上のサイトはエネチェンジというサイトのものです

現金のキャッシュバックなどがありおすすめです

たとえ毎月1000円しか安くならなかったとしても一度手続きするだけで年間1万円以上の節約が続きます!

ちりも積もれば山となります!!!

保険

保険はかなり曲者でかなりお金を食べています(笑)

生命保険料だけでも、一世帯あたり平均約38万円も払っています

30年で1200万円になってしまいます

他の保険と合わせると、とんでもない金額になってしまいます

保険は感情で判断してはいけません

理性で判断しましょう

確率は低くて損失が大きいものに対策するのが保険です

必要な民間保険は以下の3つです

  1. 生命保険
  2. 火災保険
  3. 自動車保険

それだけでいいのか?と思う人もいるかもしれませんが

実は社会保険が広範囲をカバーしてくれているのです

そこでこの保険は本当に必要なのかをもう一度考えてみて下さい

またブログで詳しく保険について書きたいと思います

まとめ

どうですか?

ちょっと面白い?というかワクワクする計算をしていきましょう

例えですけど

通信費が2000円、光熱費が2000円、保険料が2000円月々安くなったとします

そうすると合計で月々に6000円も節約できていることになります

これを年額に直すと7万2000円も節約できるのです!!!

すごくないですか?

このお金があれば少し貯金、投資に回せたり

このお金で旅行もいくことができるのです!

節約のすごさが伝われば自分は満足です!!!

考えて行動していけば必ず人生はよくなります!!!

それでは!!!

<script data-ad-client=”ca-pub-7326423868395209″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>